クレジットカードを会員証のかわりに

  • 信用情報とクレジットカードの関係性

    • クレジットカードは後払いのシステムであるため、利用するにはカード会社に信用してもらう必要があります。

      クレジットカードはとても評判が良いです。

      申し込み者が信用できる人物であるか判断するために参照されるのが個人信用情報機関の記録です。様々な情報が記録されていますが、どのカードを利用するときでも審査に落ちてしまう原因になる記録に返済の延滞や債務整理などの事故情報があります。

      過去に問題を起こしていれば再び問題を起こす可能性があると見られるので、現在の経済状況が安定していても落とされます。



      ただし、この記録は5年以上経過すれば削除されるため、それより後なら審査に通ります。
      他のクレジットカードやローンの利用状況についても記録されています。

      OKWaveに関しての情報を紹介しているサイトです。

      これらの利用が多ければ支払い能力の余力が少なくなるため、収入が少ないと審査に通りにくくなります。
      また、ゴールドカードなどの高ランクのカードの場合はクレジットカードを利用した実績が必要になるので、利用した記録が少ないと審査には通りません。個人信用情報機関の記録に問題がある状態でクレジットカードを使いたい場合、家族カードであれば発行できる可能性があります。

      これは本会員が審査の対象になるため、発行する家族の信用情報までは確認されません。
      そのため、通常は落ちることはありませんが、その家族が過去に同じカード会社で問題を起こしてしまっていると、データベースに記録が残っているので気付かれてしまい、審査に落ちることがあります。

top